代表メッセージ

Message

私がはじめて、引きこもりの子の問題にかかわったのは、今から32年ぐらい前のこと。まだ、右も左もわからない指導者のたまごと言ってもいい頃の事でした。指導経験も未熟で、ただただ、「何とかこの状態から抜け出せるようにしてあげたい」という熱い気持ちだけが財産という状態でした。また、彼女も二十歳前で、家族以外の人と会うのは、3年ぶりという状態でした。

最初は、ご両親に対する指導をしました。ご両親も藁をもすがるような気持ちでしたから、若い私のいう事も真摯に受け止めて努力してくださいました。

私は、何度もご自宅に足を運びました。しかし、だからといって、彼女は部屋からでてきません。そんな中、彼女に聞こえるような声で楽しい話、興味のありそうな話をお母さんたちにしました。

そんなことが、続いたある日、ご自宅の中でバタッと彼女と顔を合わせたのです。その瞬間、私は「〇〇ちゃん、元気?こっちにでてこない」と咄嗟に話しました。すると、お母さんと話していた応接室に出てきたのです。こんなにうれしいことは、ありませんでした。

ますだせいじ心のサポーター事務所 所長  桝田 誠次

それがきっかけになって、話を聞いたり、話したり、そして、明るくなっていきました。紆余曲折はありましたが、働きに出るところまで成長しました。

その頃は、引きこもりから抜け出せたのは、私が一生懸命通ったのが、よかったと思っていました。しかし、その後の引きこもりや不登校などの子供の問題を数多く経験してきた今思うのは、そうではなく、問題解決の最大のポイントだったのは、ご両親の心にあったということです。

西も東もわからない私に対して、社会人としても人としても立派なご両親が、素直に、真摯に私のいう事をそのまま聞いて一生懸命努力されたのです。自分の思いは横に置いて、人の言う事をその通り実行されようとしたのです。この心が、子供に良い影響を与えたのです。

やはり、親の感性は、子供に受け継がれます。親御さんがそのような努力をすると、お子さんも、人の言う事を聞いてみようという気持ちになりやすいのです。

ですから、必ず、どこかでタイミングを得て、誰かの話に耳を傾けるようになるのです。そして、それが、立ち上がるきっかけになることが多いのです。

子育てだけではなく、人はいろいろな問題を抱えるものです。そのような時、その場の表面的な問題だけを方法論で乗り越えたとしても、問題の根っこがそのままになっていたとしたら、また、違う形で問題は表面化してくるでしょう。

そのような意味で、根っこのところにある心をトレーニングしていきながら、目の前にある問題に前向きに取り組むことがベストのあり方だと思います。

弊社の心の個人コンサルティングは、カウンセリングとは違います。問題を乗り越えていくために必要な心のトレーニングをお手伝いしているのです。

もしも、よろしければ、お気軽にお問い合わせください。

Profile

1957年大阪生まれ。大学卒業後、宗教家として、また、現在は心づくりのインストラクターとして、35年間、心と人生の相関関係について研究し、人がかかえる様々な悩みや問題に真正面から向き合い、三万回を優に超える心のトレーニング指導を行う。その間、有料セミナーを二十数年間継続し、延べ8,500名が参加。それをご縁に個人指導を望む人が増えていく。

著書は、「ただ今心づくりの真っ最中」「ただ今心づくりの真っ最中Ⅱ」(芸生社・共同執筆)、2013年刊行した「心づくりのススメ」(文芸社)は、紀伊国屋書店新宿本店単行本部門で、週間売り上げランキング4位となり、その後、2位まで上がった。

2011年に「ますだせいじ心のサポーター事務所」を開設。心の個人コンサルティング、子育ての個人コンサルティング、経営者の心のコンサルティングなどを電話・スカイプ・メールなどで全国規模で行っている。ご依頼によってセミナー講師も務める


講演音声「人間力を高める」

講演「人間力を高める」の音声をお聞きください。経営に関する内容としてお話していますが、どんな方にでも当てはまる内容となっています。どんな問題に対しても、 心の持つ力をフル活用することは、大きな力になります。 ※動画ではありません。音声のみとなります。





無料相談はこちら
お問合せはこちら
お申し込みはこちら
有料メルマガ「子育て・孫育ての極意」
有料メルマガ「稲垣家のわくわく子育て」
有料メルマガ「社会に出るまでに学んでおきたかった人物のお話」
動画ページ

最新情報

書籍『心づくりのススメ』